[レポート番外編]シンガポール遠征記

札幌から羽田に着いた僕はシンガポール行きの飛行機に搭乗したわけで...

と唐突ですが札幌遠征帰りに弾丸でシンガポール寄って
シンガポールリーグの試合を見てきました。

計画に当たって札幌遠征で3日間休めそう、なにかいい案はないかなと
函館から北海道新幹線で帰るとか吹田のガンバ-レッズ見て帰るとかいろいろ考えました。

期限切れが近いマイルを消化したかったので深夜便のアジアもありかもと
思っていたらちょうど水曜にSリーグのホーガンユナイテッド-アルビレックス新潟シンガポール
の試合があることを見つけた時にスティッペと代田がいる、これだ!と。

ということでANAの深夜便でシンガポールへ。
7時間のフライトで時差1時間のシンガポール・チャンギ空港に朝6時過ぎ到着。
出発到着ロビー一緒なので広い空港内をうろうろとしてたらテンション上がります。


入国審査の時に日帰りのため滞在先を書いてなくいろいろ聞かれましたが
ホーガンとアルビの試合見に来たのと言ったらわかってくれて無事入国。
室内は冷房きいてますが一歩外に出ると相当蒸し暑くて昼間は30度くらいだとか。

シンガポールドルは1ドル=80円弱で今回出発前に部屋掃除してたら200豪ドル出てきたので
レートが等価な感じだったので空港でそれを両替して200シンガポールドルに

試合は20時キックオフだったのでそれまでは観光を。
今回の移動手段としてMRT(鉄道)やバスが乗り放題のツーリストパス(1日分)を20ドルで購入。
(10ドルはデポジット分で後で戻ってくる)


MRTに乗ってまずは観光に。電車内はスマホ触ってる人多くてこれは同じですね。
とりあえずここでしょ!ということでマーライオン!


対岸のマリーナ・ベイサンズ。次はここへ行ってみましょう。
中には高級ブランドなどのショッピングモールが広いし凄い!


そろそろお昼っていうことでビールなお店へ。
タクシーの配車アプリを使ってみたくシンガポールでは世界的に使われてるUberではなく
Grab taxiというアプリのほうが使いやすいということで使ってみた。
すぐマッチングされ運転手から電話きたけれどなんて言ってるかわからねぇ...(泣)
が、なんとか必死にタクシーを見つけ出し乗れました。料金は8ドルで安かった。
目的地のRedDot Brew Houseに到着。いい雰囲気です。


ここで醸造されてるライムウィート。ここで4種類飲みましたがどれもレベルが高い。


サラダ、メイン、デザート、ドリンクのランチセットを注文してメインはステーキ。
時間がゆっくりと流れる素敵なひとときでした。


帰りは初めてバスに乗ってからMRTに乗り継いで次の現場へ。
ガムや飲食に厳しいシンガポールですがNoドリアンとかあるんですね(笑)


次は街中のビールなお店に。ここもやばかったですがビールブログでもないので...




次はセントーサ島に移動。ここはユニバーサルスタジオがありますが
そこの入り口を見てから目的地のカジノへ。
お目当てのテーブルは満席で軽く遊んで退散。


夕方になってさあそろそろスタジアムへ行きますか!(前置き長くてすいません...)
今日の試合はスティッペがいるホーガンユナイテッドのホームなのでまずはMRTでホーガン駅へ。
横にショッピングモールがあったのでそこで腹ごしらえするのもよさそう。
南西方向に歩いて10分ほどで到着。キャパ2,3千くらいのこじんまりとしたスタです。入り口。


入り口右に線香とお供え物など。


入り口左にスタグルがひとつだけ。


上のパイみたいなのと左下の春巻きみたいなのを購入。合わせて2ドル。
入場してパイみたいなのを食べるとうずらの卵が入った何かでしたがいけました。


本日の入場券は5ドル。400円くらいかな。



入り口入って右にはスポーツベッティングの売り場が。本日の試合も対象みたいでした。


入ってみると中央部は関係者席で椅子があって
それ以外はコンクリートに座るという感じで中央の後部に着席。
雨がよく降るからか屋根はメイン全体をカバーしてるしっかりしたものでした。
選手紹介などのスタジアムDJさんがメイン側でマイク持ってするんだけど
英語がいちいちかっこいい。音楽も設備最小限ながらいい音を
がんがん鳴らしてるのよね。入場直前のMuseのKnights Of Cydonia最高だった。
(スピーカーの位置とか屋根の跳ね返りも計算してんのかなぁ)
サポーターは新潟側には日本人多くて声だしは数人、
ホーガンのほうはスタンド上部に陣取っておりました。


さあいよいよ試合です。試合前の順位はアルビレックスは8連勝中の首位、ホーガンは4位。
代田、スティッペともにスタメン!安心しました(笑)




前半開始して代田は3バックの真ん中、
スティッペは首位相手で守備的に入ったということもあったのか左サイドハーフで。
新潟があれれ?な感じの前半で終盤にホーガン先制!
スティッペはDFラインまで戻るし前にスペースあればボール運んで効果的な動きで
終盤には抜け出してシュートを打つも新潟GK野澤の好セーブで得点ならずホーガンリードでHT。

後半はじまってんのにホーガンサポ5,6人が飲み物片手に歌いながら横切ってく。ゆるい...(笑)

後半は新潟ががんがん積極的に前に出てきて決定機を作りあっという間に同点逆転弾。
点を取りたいホーガンはスティッペをトップに上げて代田とマッチアップする形に。
代田は真ん中でライン上げてとか積極的に
声出して(日本人だから日本語でいいんだ...)きっちり対処。

ここら辺から審判が目立ち始めたんですが
新潟の完璧なスルーパスで抜け出して一対一と思いきやオフサイド。
回りにいた人全員がないないって同じことしてたのにはうけました(笑)
あとスローインで主審も副審も新潟ボールのジェスチャー。
ホーガンの選手の抗議でか?覆えりました...こんなのはじめてみました...
決定機の阻止で何もでなかったりその度に新潟ベンチが第四審に言いに行って
いろんな意味で鍛えられる厳しいリーグだなと思いましたよ。


試合は1-2で新潟勝利9連勝。
両チームとも対戦相手のベンチに挨拶してから新潟はサポーターとラインダンス。

試合終了が22時で飛行機が1時。声かける暇もなく残念だけど急いで帰らなきゃ。
Grab taxiで数分でタクシー着て数十分でチャンギ空港到着。

一風堂!街中でも日本企業たくさん見かけました。


ユーロを見られるカールスバーグバーが。お洒落。
空港内、何箇所か大画面でユーロのPVもやってました。


シンガポール航空の福岡行きに搭乗。8時過ぎに到着して現実に戻ります。


やっぱり生で見るサッカーは楽しいし、
そこに異国の地でがんばる元長崎の選手の姿を見るとなおさらだし
いいもの見させてもらい感謝感謝!






試合後の背中かっこよかった。いつかまたどこかで。


(by nori)

Posted by vista  at 20:54 │Comments(1)レポート

この記事へのコメント
北海道からシンガポールに飛ぶというnoriさんのフットワークの良さのおかげで気になっていた代田選手とスティッペ選手の今を知ることができました。
代田選手はおとなしそうな人でしたが、新潟シンガポールのチームに馴染んでいるようですね。安心しました。そしてぜひまたJリーグに戻ってきてほしいです。声をかける暇がなかったとのこと、残念ですが、きっと誰かが伝えてくれていると思いますよ。
碓井選手も長崎に帰ってくるようです。一度離れた仲間が帰ってくるのは感慨深いです。
Posted by binetu at 2016年07月01日 13:59

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

ナガサカ!について
ナガサカ!はV-istが発行するスタジアムフリーペーパーです

トピックス
 └V・ファーレンに関するニュース、トピックス、お知らせです。
レギュラー企画
 └ナガサカ!本誌に掲載されているコーナーです。
レポート
 └その他サッカーやV・ファーレンに関するレポートです。
特集記事
 └ナガサカ!本誌の特集記事Web版です。
Web限定企画
 └Web版ナガサカ!のみ掲載の企画です。
ナガサカ!とは?
 └ナガサカ!やV-istの説明、問い合わせ先です。
V-ist twitter