V・VAREN長崎vsFC琉球 Book対決編!

7月15日のJFL第20節「V・ファーレンvsFC琉球」会場の
TeamV-istの販売ブースで
「TSUTAYAスペース・エム大村」のもと
対戦する2チームに関連する本とホーム長崎に関連する本を限定販売します!

V・ファーレン長崎に関連する本として今回V-istが選んだのは
「アンチドロップアウト~簡単に死なない男たちの物語~」by小宮良行(920円)



V・ファーレン長崎のキャプテンである佐藤由紀彦選手が
これまで辿ってきた足跡を穏やかでありながら劇的に綴った名著。
この本を読み終わった時、読者は自分が今、目の前で、長崎で、
そしてこのスタジアムで、物語の続きがあっている事を知るはずです。

一方、FC琉球に関する本として今回V-istが選んだのは
「戦うは本意ならねど
~ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール~」by木村元彦(1575円)




日本代表として最高の輝きを放ちつつあった我那覇和輝を突如襲ったドーピングの冤罪。
余りに理不尽な現実に多くの人が屈っしようとした時・・1通の手紙が彼の元へ届く。
「この間違った前例が残ると今後の全てのスポーツ選手が適切な点滴医療を受ける際に
 常にドーピング違反に後で問われるかもしれないという恐怖にさらされます」
その日から我那覇と彼を支える人達の戦いの日々が始まった。

どちらも絶対に読んで欲しい一冊です。

そして、この2つに加えてロンドン五輪OAに選出された長崎出身の代表選手
吉田麻也選手の初の著作
「サムライDays、欧州Days ~夢と、ブログと、サッカーと」(1400円)



現役の最前線を走る彼が送る日常を軽く、そして時に深く綴っています。
早くに長崎を離れ、名古屋グランパスで活躍し、日本代表で主力に昇りつめ、
欧州で活躍する・・そんな遥か遠くの存在と思われがちな吉田選手が
とても身近に感じられるはずの一冊です。
長崎の吉田麻也・・彼がそう呼ばれる日を思いながら読んでみませんか?

フットボールはスタジアムで行われるものですが、
日常と一体化したフットボールは生活の色んな部分に存在します。
スタジアムの外で本を通じてフットボールに触れてみませんか?

Posted by vista  at 20:37 │Comments(0)トピックス

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

ナガサカ!について
ナガサカ!はV-istが発行するスタジアムフリーペーパーです

トピックス
 └V・ファーレンに関するニュース、トピックス、お知らせです。
レギュラー企画
 └ナガサカ!本誌に掲載されているコーナーです。
レポート
 └その他サッカーやV・ファーレンに関するレポートです。
特集記事
 └ナガサカ!本誌の特集記事Web版です。
Web限定企画
 └Web版ナガサカ!のみ掲載の企画です。
ナガサカ!とは?
 └ナガサカ!やV-istの説明、問い合わせ先です。
V-ist twitter